アートオブスペース(夢空間)富田林駅の美容院

お待たせしない美容院。
近鉄長野線・富田林駅から徒歩5分/P有

整理!

2018/4/12
大阪富田林の美容室「アートオブスペース」の眞鍋です。
いつもご利用いただきありがとうございます。
現在、小顔Cuol認定講師として活動も行っております。
新たな技術やスキルアップを身につけたい方、お手伝いをさせていただいておりますので気軽にご連絡ください。
 

★★★★★

 

先日のブログで、9日、10日の休みにいろいろ整理すると書きました。

 

「いろいろ」というのは時間的に無理がありましたが、ひとつ整理をし始めました。

 

ある程度はやったんですが、量が多いのでこれからも時間が空けばやっていきます。

 

何かというと、本の整理です。

 

本自体の整理ではなく、内容の部分です。

 

私が持っている本のほとんどはビジネス書か自己啓発本です。

 

読んで頭に入っていることもあれば、当然忘れていることもあります。

 

忘れていることもあるので定期的に読み返すんですが、内容の大切な部分を整理してたんです。

 

もちろん読み返す作業も大切です。

 

今、何も感じなくても次に読んだときに「そうかぁ~」と感じる部分も出てくるものですから・・。

 

 

ノートに書きだすという作業なんですが、「ノート」というのは実は少しマズいんです。

 

一見良さそうなんですが、実は整理はされません。

 

ノートというのは、あとで見直すのが大変で結局見ないことになりがちなんです。

 

最初は新しいページなのでスイスイやるんですが、だんだん面倒にもなってきます。

 

ノートごとに項目を決めてというのもイマイチ無駄が多いです。

 

結局最後のページまで使わずじまい。

 

一番問題なのは、さきほど書いた「後で見返しにくい」ことです。

 

「あれは何だったっけ?」と思って、探しだすとすごく時間がかかります。

 

そして「この部分はいらないや」と思ってもノートに場合、引きちぎりにくいですよね?

 

ページをバツって書くのもありですが、やっぱり整理するにはノートは不向きです。

 

セミナーに行ってもセミナー用のノートを持ってきている人もいますが、「後で見てるのかな?」と思います。

 

何がいいのかというのは以前書いたかと思いますがコピー用紙です。

 

セミナーにもコピー用紙を数枚持っていきます。

 

今回の本の整理も大切な所をA4コピー用紙に書いていってます。

 

そして、ひとつのことに対して1枚だけ使うのです。

 

スペースがもったいないからといって1枚に複数の内容を書くのは、あとで整理が効かないんです。

 

空いたスペースは、後々その内容に追加や変更が場合にとっておきます。

 

なのでひとつに1枚です。

 

当然裏面も使いません。

 

もったいないと思うかもしれませんが、裏面を使うことも整理がききません。

 

目的はコピー用紙いっぱいに文字で埋めることではないんです。

 

それにコピー用紙は紙の質を問わなければ安く購入できますし(この場合は質の良い紙は必要ないです)

 

本の中では大切なことの説明が長いので、それをまとめて整理するのは後で見るときも即理解でき、わかりやすいです。

 

ちなみに私は書くというより、ワードで入力しています。

 

手で書くのは書き間違えるとやり直しになったり、消して書き直すことになるのでワードの方が都合がいいんです。

 

図なども入れれますからね。

 

別に手書きじゃなくでも頭にはある程度入りますし。

 

試験勉強の人は手書きのほうがいいかもですが・・・。

 

私は別に暗記しているわけではないので、パっと見てすぐ理解できることが重要なのでワードです。

 

手書きにしてもワード入力にしても少し時間は取られますが、後々「探す時間」の短縮を考えれば効率よいと思います。

 

もし、なるほどと思ってもらえたら一度やってみてください。

 

人は1年間で探し物に15時間かけているそうですからね。

 

時短は大切です。

 

 

それでは今日もよい1日をお過ごしください。

 

 

 

★★★★★